menu

睡眠ダイエット「寝ている間にコルチゾール促進」

睡眠ダイエットって?

人間は生きている以上、臓器が動いているので睡眠中にもカロリーを消費します。

一般的には一晩での睡眠中の消費カロリーは300kcal相当のエネルギーを消費していると言われています。

良質な睡眠では、この睡眠中に「コルチゾール」というエネルギー代謝を促進させる働きを持つホルモンが分泌されます。

睡眠中に代謝を促進してくれますので、カロリー消費に役だってくれるんですね。

もちろん、寝ているだけで見る見る痩せて行くという事はありませんが、しっかりと代謝促進の出来る体質になれば、体型や体重のキープにつながっていきます。

コルチゾールは実は「ストレスホルモン」

実はコルチゾールは副腎皮質で生産されるステロイドホルモンの一種です。

主にストレスと低血糖に反応して分泌されるために「ストレスホルモン」とも言われています。

ストレスホルモンなのですが、睡眠中に脂肪を燃やす働きがあるんですね。

ですので、最近よく言われているのが「睡眠不足は肥満の原因になる」という理由になります。

睡眠中にしっかりと脂肪を燃焼させるためには?
  • 入眠時間の3時間以内に食事を摂らない
  • 入眠の1時間前にお風呂で温まる
  • ブルーライト(パソコン・スマホなどのモニター発光ライト)を見ない
  • ホルモンを活性化させるために7時間の睡眠時間を確保する

ということになります。

睡眠中に最も分泌されるのが「コルチゾール」と「成長ホルモン」です。

血糖値が上昇した状態ではこれらのホルモンが分泌されにくくなるんですね。

また、ブルーライトの青い光は目覚めの光と言われて睡眠を妨げるんですね。

睡眠と入浴の関係については、下記記事で詳しく説明していますので、併せて読んでみて下さいね ^^ /

ショートスリーパーショートスリーパーは早死にする?

肌のゴールデンタイム睡眠におけるお肌のゴールデンタイム

関連記事

  1. 金縛り原因

    金縛りの原因とは?まさか・・・幽霊?心霊現象?

    あなたは金縛りにあった事はありますか?私は、今まで2回ほどあります。金縛りにあった瞬…

  2. 慢性的な睡眠不足

    慢性的な睡眠不足になってはいませんか?一日の最後の楽しみは睡眠で…

    あなたは慢性的な睡眠不足になっていませんか?朝の通勤電車やバスなどでは、すでに朝から眠そうで疲れ…

  3. 冬季うつ病

    冬の朝の目覚めがつらく、気分の落ち込みや疲労感があるのは冬季うつ…

    冬季うつ病って?日照時間が短くなっていく秋~冬にかけて「うつ傾向が高まり」日照時間が長くなりだす…

  4. おすすめ目覚ましアプリ

    おすすめの目覚ましアプリ「あさとけい」

    目覚ましアプリのご紹介最近はスマホには色々な目覚ましアプリがありますよね。 計算を解かな…

  5. 脚のむくみ解消

    寝活で脚のむくみを解消しましょう

    寝活って何?他の記事でも取り上げていますが、寝活(ねるかつ)は寝ている間に綺麗になったり美容効果…

  6. 睡眠メカニズム

    睡眠のメカニズム「メラトニンと副腎皮質ホルモン」

    睡眠は毎日の生活パターンには欠かせないものです。睡眠前には眠気を感じその要因は、脳や体に溜ま…

  7. 枕が変わると眠れない

    枕が変わると眠れないって本当なの?医学的な検証結果

    枕が変わると眠れない ・・・この言葉は、一般的な意味としては「寝る場所が変われば眠れない」という…

  8. レム睡眠ノンレム睡眠

    睡眠の種類「レム睡眠とノンレム睡眠とは?」眠りの深さの4段階

    睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があるのは聞いたことがあるかと思います。レム(REM)…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP