menu

眠れない不眠には腸内環境を整える必要があるんですよ

不眠と腸内環境の関係性

睡眠時には睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」が分泌されるんですが、その基となるのが「セロトニン」になります。

このセロトニンは、腸内の腸内細菌が活性化され生成されます。

ですので、腸内環境が悪い場合には、このセロトニンが生成されにくくなり不眠の原因の一つになっているかもしれません。

日本の食事も昔とは変わり、欧米化して野菜不足が否めません。

食物繊維の摂取量が減り、善玉菌より悪玉菌が優位になりやすい状況にあります。

悪玉菌が優位になれば、善玉菌がスムーズに働けなくなりますので、セロトニンの生成にも影響が出てくるんですね。

腸内環境を整えるためには?
  • 善玉菌を増やす乳酸品や豆類を摂取する
  • 適度な運動で腸の動きを促す
  • 野菜などからの食物繊維を積極的に摂取する

ということが挙げられます。

乳製品や豆類には、睡眠ホルモンの「セロトニン」の材料になる「トリプトファン」が含まれます。

牛乳・ヨーグルト・チーズ・納豆・ゴマ・豆類ですね。

乳製品は、腸内環境も整えながら「トリプトファン」も摂取できる様になります。

乳酸菌を積極的に摂るには?

とは言え、なかなか1日で乳酸菌をしっかりと摂るにはそれなりの量になります。

ヨーグルトを大量に食べるとカロリーも気になります。

無糖ヨーグルトでは美味しくないのでたくさんは食べれません。

その様に時に良いのが「乳酸菌のサプリメント」になりますよ ^^ /

  • 菌活をして腸内環境を整えたい!
  • 便秘に悩んでいる!
  • ダイエットも兼ねたい!
  • お肌のコンディションを良くしたい!

その様な場合には、21種類の特許取得の乳酸菌があるんですよ!

乙女の乳酸菌ならば「大特価1,000円モニターを募集中」なんですよ ^^ /

>>> 特許取得の乳酸菌を配合!【乙女の乳酸菌】

乙女の乳酸菌

睡眠カフェ睡眠カフェ「眠りの質高めるトレーニングプログラム」

枕が変わると眠れない枕が変わると眠れないって本当なの?医学的な検証結果

関連記事

  1. 睡眠ダイエット

    睡眠ダイエット「寝ている間にコルチゾール促進」

    睡眠ダイエットって?人間は生きている以上、臓器が動いているので睡眠中にもカロリーを消費します。…

  2. 枕が変わると眠れない

    枕が変わると眠れないって本当なの?医学的な検証結果

    枕が変わると眠れない ・・・この言葉は、一般的な意味としては「寝る場所が変われば眠れない」という…

  3. 不眠症の判断基準

    不眠症の判断基準と不眠のタイプ

    不眠症の判断基準とは?不眠症状と不眠症は違うんですね。たまに眠れないことがあるのは、不眠…

  4. 松岡修造睡眠法

    松岡修造氏に学ぶ睡眠前に行う習慣

    松岡修造が就寝前に行う習慣松岡修造と言えば知らない人はいなかと思いまう。元テニスプレイヤ…

  5. 睡眠不足と注意力

    睡眠不足では外的注意が欠如してしまいヒューマンエラーが起きてしま…

    睡眠不足と注意力ヒューマンエラーとは人間の不注意で起きる事故になります。このヒューマンエ…

  6. 睡眠と老化

    睡眠不足と老化の関係「見た目も内臓も衰えてしまいます」

    睡眠不足が慢性化すると「抗酸化力」が弱まり「体内組織が劣化」してしまう体内で抗酸化力が弱まると、…

  7. 冬季うつ病

    冬の朝の目覚めがつらく、気分の落ち込みや疲労感があるのは冬季うつ…

    冬季うつ病って?日照時間が短くなっていく秋~冬にかけて「うつ傾向が高まり」日照時間が長くなりだす…

  8. 睡眠と健康

    睡眠不足や不眠がもたらす健康リスクについて

    睡眠と健康の関係睡眠不足や不眠になれば、頭がモヤっとしたりボォ~としたり回転が悪くなったりません…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP