menu

睡眠とアルコールの因果関係について「寝酒は良いのでしょうか?」

寝る前にお酒を飲んでアルコールを摂取する習慣や、寝付けない時にお酒を飲むことはありませんか?

人によれば、酔うとすぐに眠たくなるという人もいますが実際にはどうなのでしょうか?

私の場合には、眠くなることもあればギンギンに目が冴える時もあります(笑)

あくまでも飲んで食べてお腹一杯になっている状態でなく、明確に「睡眠とアルコール」のみに絞ったお話しになります。

深酒でいつもいつの間にか寝ている

このケースでは入眠したと言うよりも「意識がなくなった状態」になった。という方が適切になります。

深酒でいつの間にか意識がなくなりそのまま寝てしまった状態ですね。

深酒になれば、翌日の辛い二日酔いで体がだるくなりますので、ほどほどにしておきたいですね(笑)

実は寝酒は疲れが取れにくくなる習慣です

お酒をけっこう飲めば、寝付きは良くなりますが、睡眠の質は下がってしまいます。

睡眠の質が下がるということは、体の疲れが残ったり取れにくいということになります。

では、なぜ?そういった状態になるのでしょうか?

  1. お酒を飲んで寝る
  2. 睡眠の途中でアルコール成分が分解され始める
  3. そうなると、交感神経の活動が高まりしっかりとした睡眠が取れなくなる
  4. 徐々に毎晩のお酒の量(アルコール摂取量)が増える
  5. 睡眠中の筋肉が緩み気道が狭くなり酸素供給が減る
  6. 無呼吸症候群になる可能性も出てくる
  7. その結果、昼間の眠気と疲労感が強くなる

という医学的な根拠があるんですね。まさに悪循環に陥った状態です。

缶ビールを1本飲めばぐっすり眠れるというケース

日本酒や焼酎などの他のお酒では眠くならないのに、なぜか「ビールを1本飲めば眠くなる」という人もいます。

また、疲れている時の缶ビールの1本や夜勤明けに1本飲めばぐっすり眠れるというケースですね。

実は、ビールの成分には「GABA ギャバ」というアミノ酸が含まれています。

ギャバは興奮を鎮め、落ち着いてリラックスをもたら効果があるんですね。

ですので、個人差はありますがギャバの影響だと言われています。

そこで、昨今注目されているのが「ノンアルコールビール」になります。

ギャバを含んでアルコールが入ってない飲料として睡眠に良い効果があるんですね。

スペインの研究チームの発表によれば、寝つきが良くなり日中も活動的になるという調査結果が出ているんですよ ^^ /

>> 今、人気のノンアルコールの人気レビュー順 楽天市場 <<<

福岡県立明善高校15分の昼寝で午後の活動を効果的にアップ「福岡県立明善高校」

睡眠とカフェイン睡眠とカフェインとタバコの因果関係について

関連記事

  1. 睡眠とカフェイン

    睡眠とカフェインとタバコの因果関係について

    "部屋とTシャツと私" みたいなタイトルになりました(笑)古かったでしょうか ・・・ ^^;…

  2. 睡眠薬とアルコール

    睡眠薬とアルコールを一緒に飲むとどうなるの?相互作用について

    睡眠薬とアルコールの関係普段、お酒を飲む機会が多かったり、寝酒が習慣になっている場合には、睡眠薬…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP