menu

睡眠は年齢と共に変化し歳を取ると短くなる?

若い頃はぐっすり眠れたのに、加齢に伴い眠りが浅く睡眠時間が短くなった?なんてことはありませんか?

中途覚醒で、夜にトイレに起きる、夜中に何度か目覚めるなんてことも加齢に伴い増えてしまいます。

これは軽度の不眠の始まりという訳でなく、加齢に伴う症状になります。

若い頃はたくさんのエレルギーを使って活動的だったり、代謝が良かったりしますが、加齢に伴いエレルギー消費も少なくなり、多く寝る必要がなくなったと考えられます。

また、体力の低下で夜は早く寝て、睡眠時間が短いので朝は早起きだという人も多いんですね。

これは、早寝早起きのリズムが出来ているので、夜中に何度か起きることをあまりに気にし過ぎない方が良いんですね。

もちろん、個人差もありますし、高齢者の昼寝時間も含めると若い人よりもベッドに入っている時間が長いケースもあります。

高齢者の睡眠の特徴

高齢者は若年層よりも、1日の体温変化が少ないと言われています。

そのために、生物時計のサーカディアンリズムからも高齢者の生活リズムが朝方傾向を示しています。

高齢者では、サーカディアンリズムの振幅も低下するために一定の睡眠量で覚醒する事ができるんですね。

若年層は昼間は仕事をしたり家事をしたりと何かとする事が多いです。

しかし、定年して趣味などもない場合では「昼夜逆転」する高齢者が多くなるのも事実です。

加齢とともに、自分自身の睡眠のリズムを把握することが大事になります。

その他に、加齢にともなって睡眠のメカニズムと関係してくる「メラトニン」の分泌が減少してくるのも大きな要因になります。

不眠の悩み不眠の悩み「眠りたいけど眠れない」そんな時には睡眠サプリ

薬不眠不眠と薬の副作用について

関連記事

  1. 体内時計

    体内時計とは?生活のリズムや睡眠に欠かせな日光の重要性

    毎日、眠くなる時間帯は人によって様々です。実はそれを決めているのが「体内時計」になります。…

  2. 入浴と睡眠

    入浴と睡眠の関係「HSPヒートショックプロテイン」

    入浴と睡眠の密接な関係とは?よく、寝る前にお風呂に入れば、体が温まってリラックスできて良く眠れる…

  3. 睡眠不足症候群

    睡眠不足症候群とは?休日の寝過ぎに注意

    現代社会では、活動と休息が曖昧になっています。昔とは違い、ネットはいつでもアクセスできますし…

  4. 薬不眠

    不眠と薬の副作用について

    不眠には様々な原因が考えられます。 夜のカフェイン アルコールやタバコ 生活のリズム…

  5. 不眠セルフチェック

    不眠症のセルフチェック「アテネ不眠尺度」

    アテネ不眠尺度世界で一番利用されている不眠症のセルフチェックになります。 設問は8項目で…

  6. セカンドオピニンオン

    セカンドオピニオンとは?

    セカンドオピニンオンって!?現状の病状を1人の医師(主治医など)の判断でなく、別の医師(別の病院…

  7. 不眠の悩み

    不眠の悩み「眠りたいけど眠れない」そんな時には睡眠サプリ

    現代の日本人で、睡眠に関して何かしら悩んでいる人は3人~5に1人はいると言われています。また…

  8. ホームスター

    寝付きが良くなり深い眠りに誘う家庭用プラネタリウム「ホームスター…

    星空を眺めて睡眠の質を上げる日中の仕事や生活ではパソコン・書類・携帯など近くの物を見る事が多いと…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP